汚宅の実家 ~母が遺したもの~

母の急死によって,ずっと避けてきたものと向き合うことになりました。

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台空港で

投稿日:2018/03/11 |  カテゴリー:未分類  |  コメント:2  | トラックバック:0
 一度だけ、仙台空港を利用したことがあります。
震災後です。

空港内か、そこに行く途中だったのか、覚えていませんが・・・
目に留まった看板です。
長崎では見たことがない看板です。

たぶん、自治体の無線で地震発生の時刻にサイレンが鳴ります。
静かに黙とうしたいと思います。

 原爆の日にも、思うのですが・・・
サイレンより、教会の鐘のような音がいいな。
あのサイレンの音って、心臓がギュっとするような嫌な緊張感です。
(うちの自治体だけかな・・・)

カトリーヌ





スポンサーサイト

コメント

3月11日

あの日…あの時から7年です。
まさにご当地!仙台在住の私です。
大きな揺れとほぼ同時に停電。
当時はカーラジオからの情報だけで数日を過ごしたため、津波の映像は見ることができませんでした。
県外の友人が心配して無事を問うメールを送ってくれました。
すかさず返信するのですが、6時間~10時間くらい経ってから着いていたようです。
てんやわんや・・・無我夢中の日々がひと段落すると、思いもよらないことが私の身に起こりました。
今思うと・・・多分私も震災鬱だったのかな?と思うのですが。
どうしても仕事を続けることが出来ず離職しました。
当時は〇〇や△△を理由に挙げ、もう続けられない!こんなところに居られない!
と思ったのですが、どうも・・・軽い鬱だったのかな~と。
退職してから約8か月、家に引きこもっていました。
一人暮らしの引きこもり。
手が付けられませんよね。
落ちるところまで落ちた・・・という感じ。
でも「時間薬」ってあるんですね。
少しずつ少しずつ気持ちが外に向かい始め、扉がちょっとずつ開いて行きました。
私にとって東日本大震災は2011年の3月11日に起きた、というよりは
その日から始まってまだ続いているような気がします。

わーーーー!
なんか重たくなってすみません。
今日、3月11日だからかな?そんなことを思いながら1日を過ごしていたらカトリーヌさんのブログを読んで、ちょっと当時を思い出してしまいました。

でもね、今の私は大丈夫です。
色々あったけどまだ生きていますから^0^
生きてるから笑えるし、小さなことにも腹を立てるし。
欲張らず素直に楽しく生きています。

なんか意味不明でごめんなさい。

Re: 3月11日

金星さん
コメントありがとうございます。
返信が遅くなってしまって申し訳ありません。
(コメントはすぐに読ませていただいたのですが)

意味不明なんかじゃないです。
とても大切なメッセージです。

あの日から、2011年3月11日から始まって続いている。
いま、生きている。

深くて心に響きました。
ありがとうございます。

いつも応援ありがとうございます。
私も金星さんのことを応援しています!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

登場人物
【管理人】 カトリーヌ                          長崎在住 アラフィフ  うつ治療中                     夫✕1,子✕2(中高生),ネコ✕1                                                                  
   
訪問者
閲覧中
現在の閲覧者数:
ランキング参加中
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
お気に入りの本
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。