汚宅の実家 ~母が遺したもの~

母の急死によって,ずっと避けてきたものと向き合うことになりました。

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「真ん中の人」

投稿日:2016/02/16 |  カテゴリー:  |  コメント:0  | トラックバック:0
先週のこと
*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*
 夫の両親が父の病院に見舞いに来てくれることになりました。
義父母と私の父が顔を合わせるのは,母の葬儀以来です。
(父さん,お義父さんとお義母さんのこと覚えてるかな・・・?!)
父が忘れていても,義父母が不機嫌になったりすることはないのですが (^_^;) 
覚えていたほうが,私はうれしい。
 そこで,ヒントになればと思い,義父母が一緒に撮った写真を持参しました。
義父母が来る予定時刻より早く病室に行き,父に写真を見せました。
宮参り 加筆
「この赤ちゃん,だれ?」父
「△△(←孫)よ^^」
「あぁ!△△ちゃん♪ この人は?」
「**さん(←夫)」
「あぁ!今日来とると?」
「今日は仕事で来られんと。
 もうすぐ,**さんのお父さんとお母さんが来てくれるって。」
写真の義父母を指さしながら,説明しました。
「あぁ,そうね」
写真を手にとって,じぃっと見ていた父が,
「真ん中の人,だれ?」

 マンナカノヒト・・・

 ?! 

「真ん中の人は,か~とり~ぬぅ! カトリーヌ!」 ヾ(▼ヘ▼;)
「あ・・・!? (;^_^A キレイに なったね or 映っとるね 」 (←後半 聞きとれず)
「んもう~♪(^ω^)」

私にはやらかした父ですが (*^_^*)
そのあと来てくれた義父母のことは覚えており,お礼も言っていました。

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*
 今回,ふと思いついて写真を持って行きましたが,
写真を探すのに時間はかかりませんでした。
 昨年夏,こんまり流の片づけをしたときに(現在,挫折中です)
家中あちこちに散らばっていた写真を一カ所にまとめておきました。
2015_09_10_9999_10.jpg
写真屋さんにもらったポケットアルバムに入ったままだった写真も
一枚ずつ出して,クリアBOXに入れて一カ所に保管しています。
(作業途中の様子↓)
2015_09_10_9999_9.jpg
写真をアルバムに見やすく整理する,おしゃれにリビングに飾る♪
憧れますが,私には難易度が高い (^_^;) 
まず,最初の一歩?
一カ所に集めて保管ができていたので,
使いたいときに,すぐ取り出して使うことができました^^

汚宅では,使いたいときに必要なモノが見つかりません。
「どっかにあるはずやけど・・・」
 ↓
「○○はそこにある!」
保管ってこういうこと?!

カトリーヌ@長崎


ファミリーランキングへ

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

登場人物
【管理人】 カトリーヌ                          長崎在住 アラフィフ  うつ治療中                     夫✕1,子✕2(中高生),ネコ✕1                                                                  
   
訪問者
閲覧中
現在の閲覧者数:
ランキング参加中
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
お気に入りの本
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。