汚宅の実家 ~母が遺したもの~

母の急死によって,ずっと避けてきたものと向き合うことになりました。

スポンサーサイト

投稿日:--/--/-- |  カテゴリー:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼んだ方がいいのかな・・・

投稿日:2016/02/08 |  カテゴリー:  |  コメント:4  | トラックバック:0
※レントゲン写真が苦手な人は閲覧注意です。
*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*

父が入院したときに着ていたくまモン。

洗濯して病院に持って行きました。
退院する時にコレを着ます。
IMG_2807.jpg
*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*
手術から2週間、予定では父は歩行のリハビリに励んでいるはずでしたが…
嘔吐がきっかけで、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)になってしまいました。

肺炎 加筆
 (遠方の叔父に知らせたほうがいいのかな…)
 (弟はすぐに呼んだほうがいいのかな…)

母のときは医師の説明を聞いて、その場で弟に
「すぐに長崎に帰っておいで!」と電話しました。
母の意識は戻りませんでしたが、救急搬送されたその日のうちに
関東在住の弟も、温かい母に触れることができました。
 今回は、どうしよう…
38度以上の熱が続き、ナースステーションの隣室で酸素マスクをつけている80歳の父。
(今は意識はある、今は… )

容体が急変するリスクも高かったのですが、
熱が下がり、肺の炎症も小さくなりました。↓
IMG_2964.jpg
↓ 正常時の肺
肺炎 Before 加筆
ずっと絶飲食の状態が続いています。
IMG_2979.jpg
ようやく嚥下食(えんげしょく)開始。
そして車椅子に乗るリハビリも再開。

油断はできませんが、回復に向かっています。

今のところ遠方組,弟(←関東)と叔父(←関西)は長崎入りしていません。
父の状況、医師からの説明をメールでこまめに伝えて
できるだけ客観的に、リスクも含めて情報を共有しています。

物理的にも時間的にも、父の入院先に行ける身内は私だけなので、
“ご家族の方”は私一人。

医師からの説明、入院や治療に関する書類に必要なサイン
わたしにとっても”非日常”の連続で、帰宅するとドロ〜ん
       _| ̄|○⇒_|\○_⇒_/\○_⇒____○_

”今” が
航空券や新幹線のチケットが必要になる事態なのか
とても迷いました。

カトリーヌ@長崎


ファミリーランキングへ

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

お父さまのこと、無事手術が終わったかと思ったら
次の問題が…
お年を召していらっしゃるし、ご心配ですね
いちばん近くにいてお医者様との橋渡しをされている
カトリーヌさんが、いちばんお父さまの気持ちを分かってらっしゃることと思います
カトリーヌさんが思うことがお父さんの思われていることではないでしょうか
長女がんばれ
だんなさまやお子さんたちの力も借りてくださいね

No title

峠は越えたみたいで良かった!

高齢者の手術には術後のリスクが普通より多いみたいで…私も母の術後に聞いたのです。医師からの説明だけでは不十分なんですね…(´-ι_-`)

親族を呼ぶ時期…凄く迷いますね!私もけいさんと同じ気持ちです
私の父は意識が無くなった時はたまたま一人でした。母が最期は看取りましたが、私も弟も間に合いませんでした。弟は車で一時間。私は三時間かかりますが。こればかりは本当にどうしようも無い思いますよ!
不安なら叔父様と弟さんに相談された方が良いかと思います

インフルエンザも風邪も流行っています。しっかり食べて、きちんと寝て下さいね!

Re: No title

けい さん

いつも優しいコメントありがとうございます。
病院から帰ってきたとき、
「おかえり〜」と
言ってもらえると、ホッとします。
家族とかの日常があるってうれしいです。

認知症の影響もあってか
80歳の父を 幼い子どものように感じる瞬間があります。

きっと、育児も介護も一対一ではキツイですね。

グループホームのケアマネさんが相談に乗ってくれるのも
ありがたいです。
迷うことも多いですが、
頼られるとうれしいヒツジ(←動物占い)
なので、本領発揮です?!

布団とコタツの中ででHP回復しています(^^)


Re: No title

ミズッチ さん
コメント&応援ありがとうございます。
おかげさまで、重篤な状態を避けることができました。

はい、遠方の親族にはこまめに状況を伝えるようにしています。
その方が、彼らも容体の急変に対応する覚悟ができるような気がするし、
私一人では背負いきれません^_^;

それにしても みなさんに見守っていただいて心強いです。
ブログをやっていてよかった ^_^




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

登場人物
【管理人】 カトリーヌ                          長崎在住 アラフィフ  うつ治療中                     夫✕1,子✕2(中高生),ネコ✕1                                                                  
   
訪問者
閲覧中
現在の閲覧者数:
ランキング参加中
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
お気に入りの本
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。