2016/01/20

病名→大腿骨頚部骨折 手術内容→人工骨頭挿入術

長崎で雪が降るのは年に数回あるかないか。
(ローカルニュースより↓)
IMG_2740.jpg
*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*
 私が病院に行ったときは,雪が降り出す前で,すんなり病院へ。
必要事項を記入しておいた書類を総合受付,病棟,それぞれに提出。
2016_01_18_9999_1.jpg
父の病室は6床ですが,父のベッドだけカーテンで仕切られていました。
“心エコー”
「こんにちは。いま,心臓のエコー検査をしています。」
とマスクをした若い女性の検査技師?
「どうぞ,お掛けになってお待ちください^^」
ベッド脇に機械が持ち込んであり,
ときどき,造影剤?のジェルを塗りながら視線はモニター。
そっと技師さんの後ろからモニターをのぞき込む。
(父さんの心臓だ・・・どうなんだろう・・・)
不整脈があり,心臓弁膜症の疑いあり (゚_゚i) ガ,ガンバレ
IMG_2735.jpg
5分ほどして,「終わりました^^」と機械を軽々と移動させながら,
技師さんがカーテンを開けて出て行きました。
しばらくして、看護師さんが書類を持ってきて説明してくれました。
入院計画書 加筆
病名 左大腿骨頚部骨折
病名 加筆
人工骨頭挿入術
IMG_2758.jpg

*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*
がんばれ 父さん! 80歳!

カトリーヌ@長崎


ファミリーランキングへ

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カトリーヌ

疎遠だった実家の母が急死。
実家には知らせていなかったが,うつ病治療中の私。
避けていたのに,突然向き合うことになったアレやコレ。
広い家に散乱する大量の不要品。
実家の片付けを諦めたわけではないのです。
ただ・・・挫折しているだけ。
強烈な個性の母が遺した爪痕は深く重篤でした。