2015/09/09

“つつ”?!

片づけを進めていったら,花を飾るスペースができてうれしい (^ ^)
片づけ祭り 花を飾る
9月9日 重陽 菊の節句
四季を感じたり,季節の行事を楽しめる空間を作りたい。
*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*
今日は身体がだるくて,なかなか動けず  _| ̄|○
なんとか,洗濯物を干したのが昼近くでした。
そこからの作業開始。
きつくても片づけたい,片づけ祭りを終わらせたい。
きれいな空間で暮らしたい←もはや執念?

昨日の終わったときの様子。
片づけ祭り 思い出品 途中 2 加筆
片づけ祭り 思い出品 段ボール つつ?
この段ボールは2Fの押し入れから持ってきました。
(たぶん,ここへ引っ越すときに書いた字↓)
片づけ祭り 思い出品 段ボール つつ 2Fへ
“つつ”?
片づけ祭り 思い出品 段ボール つつ
段ボールの中身↓
片づけ祭り 思い出品 段ボール つつ 
確かに“つつ” でした(^ ^)
卒業式とかにもらう証書入れです。
右のかわいいい色の筒は,子ども達の幼稚園の卒業証書入れ。
左の黒い筒は,全部夫のものでした。
資格に関する証書もあったので,これは夫に判断してもらいます。
わかりやすいように,透明な袋に入れておきます。
片づけ祭り 思い出品 段ボール つつ 夫
空っぽになった段ボールは,隅っこにゴミが溜まっていたので
屋外で解体して,リサイクルデー待ちにします。
片づけ祭り 思い出品 段ボール 隅っこ
屋外で作業して,正解でした!
粘着テープが古くなっていて,
剥がすときにボロボロと砂?粉?のようなモノが落ちてきたのです (゚_゚i) 
片づけ祭り 思い出品 段ボール ガムテープ
(↑この画像は別の段ボールですが,これも古そうなので屋外で解体します)

あ,幼稚園の卒業証書?卒園証書?は捨てました。
中身を出したのは,卒園式以来。
もう要らないもん(^-^)
子どもたち本人が,元気に成長しているのが一番いい♪
卒業した証拠は・・・必要ないと判断しました。

「幼稚園でいっぱい遊んだなぁ! 楽しかったぁ~♪」
その記憶が一番大事だし,消えない。
*・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆・゜・*
ペースは遅いですが,片づけ祭りを続けます。

カトリーヌ@長崎

ファミリーランキングへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

頑張れ~

カトリーヌさんが頑張っているとなんだか嬉しい。

私まで一緒に頑張っているようで^^

でも実際は私・・・・

まだまだ うーーー うーーーー うなっています。

No title

カトリーヌさん、お疲れさまです(*^^*)

『つつ』!!!!
片付けていると、こういう風に書いてある段ボールに遭遇しますよね(笑)

透明の袋に入れるところ、私も一緒です(*^^*)
中が見えないと、また忘れちゃいますね。

片付け、頑張ってください!
女の執念で、一緒にキレイな空間を手に入れましょう(*^^*)v

はじめまして

いつも楽しくうらやましく読ませていただいております。
我が家はジジババ(舅姑)が住んでいた家にそのまま入居しましたので、
たくさんの遺物が屋根裏にどっさり残ってます。
ただし、鑑定団に出せそうな物はいっさいありません。
処分したいと思いながらも早20数年(笑)
カトリーヌさんを見習って少しずつでも片付けて行きたいと思います。
同じく「つつ」もいっぱい(笑)

応援してもらってうれしいです!

金星さま

いつも応援ありがとうございます(*^o^*)
とても心強いんです!
自分ひとりだけでは,続けられないです。

美しきオンナの執念♪

ケチ美さま
コメントありがとうございます。
いつもブログに励ましてもらっています。
キレイな空間,手に入れましょう♪
片づけ祭り,必ず終わらせます(`・ω・´)ゞ

「つつ」 あるんですね^^

みつこさま
コメントありがとうございます。
いつも応援していただいて,本当に心強いです!

どこの家にも,「つつ」はあるんですね^^
この写真のつつは夫の実家からやってきました。
義母が片づけているときに出てきたようです。
もう使わないけど,捨てるには勇気が要りますね。

もう必要の無いモノ
役目を終えたモノたちを片づけて,
ときめく空間を手に入れたいです!






カトリーヌ

疎遠だった実家の母が急死。
実家には知らせていなかったが,うつ病治療中の私。
避けていたのに,突然向き合うことになったアレやコレ。
広い家に散乱する大量の不要品。
実家の片付けを諦めたわけではないのです。
ただ・・・挫折しているだけ。
強烈な個性の母が遺した爪痕は深く重篤でした。